ママ目線!理想の間取り~キッチン~

0120-02-1936

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
ママ目線!理想の間取り~キッチン~

暮らし提案(設計・デザイン・間取り)

2018.02.10

ママ目線!理想の間取り~キッチン~

毎日使うキッチン。

少しでも使いやすく、なおおしゃれであれば、気分良く料理ができますよね。

そんなお気に入りの場所にするために、家族のニーズをきちんと見定めることが大切です。

例えば、

・料理好きで食器をたくさん持っている。
・自分だけでなく、家族もキッチンに立つ。
・冷蔵庫の大きさ
・収納の量
・ゴミ箱の数と位置

など、自分がどのようにキッチンを使いたいのかを明確にすることです。

そして、日頃の調理の流れを思い返してみましょう。

まず、冷蔵庫から食材を取り出し、シンクで洗い、作業台で食材を刻み、コンロで調理し、

食器棚から食器を取り出して、完成した料理をお皿に盛り付け、テーブルまで運びます。

また、食事が終わると、食器を下げ、シンクで洗い、食器を拭いて、食器棚に片づけます。

だいたいこんな流れかと思います。

この流れを元に、キッチン空間を設計していきましょう!

 

0029

キッチン動線を考える際、「ワークトライアングル」を考えていきます。

「ワークトライアングル」とは、キッチン作業のポイントとなるコンロ、シンク、冷蔵庫の

3つを結ぶ作業動線のことです。

この3つの場所が、バランスの取れた距離で配置されていると、

効率よく作業が進むとされています。

具体的には、コンロ、シンク、冷蔵庫を行き来する距離の合計が、

3.6~6.6メートルに収まると良いとされています。

こちらも参考に、キッチンの間取りを考えていきましょう!

 

キッチンには、主に6種類の型があります。

【I型】 ————————————————————————————————————

I型は、冷蔵庫、シンク、コンロが壁付け一列に配置されたキッチンです。

一直線に流れるような作業動線が生まれ、規模が小さくコンパクトな

キッチンスペースをつくるのに向いています。

【Ⅱ型(セパレート型)】 —————————————————————————————

Ⅱ型は、二列で構成されたキッチンです。

コンロとシンクが別々になっていることから、セパレート型と呼ばれることもあります。

横幅が比較的狭いダイニングキッチンでも、対面方を実現することができます。

そして、シンクと調理スペースの周りをそれぞれ広く取れることがメリットです。

【L型】 ————————————————————————————————————

L型は、冷蔵庫、シンク、コンロ、作業スペースがL字に並んだキッチンです。

作業するには、体を90度に振り返らせればよいだけなので、動線がとってもスムーズです。

また、キッチンの後ろには十分なスペースが確保できるので、

複数人で調理をしたりすれ違ったりするのも簡単です。

【U型】 ————————————————————————————————————

U型は、冷蔵庫、シンク、コンロ、作業台がU字に囲むような形をしたキッチンです。

L型と同じくシンクとコンロが90度の位置にあるので、作業動線が短くなります。

また、作業台が広いので、料理の品数が多い時、複数人で調理をするときなどに最適です。

特に、料理好きの方に好まれます。

【アイランド型】 ————————————————————————————————

アイランド型は、島のように壁から独立したキッチンです。

回遊性があり、囲むように作業ができるのが特徴です。

リビング・ダイニングと対面で接することができるので、

調理をしながら家族とコミュニケーションをとることができます。

ホームパーティや料理教室など、キッチンを大人数で囲む機会が多い方に好まれます。

【ペニンシュラ型】 ———————————————————————————————

ペニンシュラ型は、アイランド型の片方の端が壁と繋がった半島のようなキッチンです。

アイランド型と同様、シンク、コンロ、作業台が全て対面式のため、

リビング・ダイニングとのつながりを意識できます。

 

だいたいイメージできたでしょうか?

キッチンの型を選んだら、最後に選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

ポイント① 作業台の寸法

同じサイズのキッチンでも、作業台のどの部分にどれぐらいの寸法でシンクやコンロ、

オーブンなどの設備を置くかで、使い勝手がかなり変わってきますよね?

理想は、調理の流れに沿って、順番に適切な寸法の調理スペースが配置されていることです。

自分が作業しやすい寸法でスペースを考えていきましょう。

適切なキッチンの高さは、〔身長÷2+5センチメートル〕とされています。

家族でつかうことも考えながら、適切な高さを選ぶようにしましょう。

 

ポイント② 通路の幅

キッチンの通路幅は、キッチンを一人で使う場合と複数人で使う場合とでは、

適切な寸法は異なります。

一人の場合は90センチメートル程度、複数人の場合は背中合わせで作業をしたり

すれ違ったりできる120センチメートル程度の幅が理想です。

 

ポイント③ 冷蔵庫の位置

冷蔵庫の位置は、作業効率や部屋全体の印象に大きく関わってきます。

冷蔵庫をキッチンの入り口付近(手前側)に配置すると、誰かが調理している時でも、

キッチンに来た人が冷蔵庫から物を取り出しやすいのでオススメです。

一方、奥に配置すると動線が重なり、混雑するのでオススしません。

しかし、奥に冷蔵庫を置くと圧迫感がなくなり、スッキリした印象を与えてくれるという、

利点もあります。

 

ポイント④ ゴミ箱の位置

意外と忘れがちなゴミ箱の配置。

ゴミ箱の配置場所を考えておらず、使いにくい場所に置いてしまい作業効率が悪くなった・・・

という声はよく聞きます。

キッチンをスッキリ見せるためには、シンクの下にゴミ箱を隠せるスペースを設ける、

食器棚と冷蔵庫の間にゴミ箱が収まるようにするなど、

あらかじめ設置場所を検討しておくと良いでしょう。

 

ポイント⑤ 機器の設置場所

電子レンジやオーブントースター、ミキサーなどを頻繁に使用する場合は、

それらの機器も作業動線に組み込み、寸法やレイアウトを調整しましょう。

そうすることにより、使いやすいだけでなく、スッキリ整って綺麗です。

 

 

キッチンは、「食」をつくる重要な場所です。

こだわりを持って理想のキッチン空間を実現してくださいね。

これから家の購入を考えている方、リフォーム・リノベーションを考えている方、

ぜひ上記の内容を参考に考えてみてくださいね。

ご相談等ありましたら、下記までお気軽にお問合せください。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

伊勢・松阪・津を中心とした
新築一戸建て住宅のデザイン・間取り・設計・施工から
分譲地・土地・宅地といった不動産情報まで
お客様にあったご提案をさせて頂いております。
お気軽にご相談ください。

池田建設株式会社 oh!! one house
本 社:〒515-0324 三重県多気郡明和町金剛坂1356
四日市:〒510-0823 四日市市城北町10-2
TEL:0596-52-3333 FAX:0596-52-6666

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

お客様サービスセンター

0120-02-1936

営業時間 8:00~17:00/定休日 第二、第四土曜・日曜