パントリーの必要性?伊勢市で注文住宅を建てたい方必見

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
パントリーの必要性?伊勢市で注文住宅を建てたい方必見

住宅コラム

2020.01.04

パントリーの必要性?伊勢市で注文住宅を建てたい方必見

「新しい住宅にパントリーって本当に必要かな?」
「パントリーを設けると、どのようなメリットがあるのかを知りたい。」
このように、注文住宅のパントリーについて疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。
今回は、注文住宅におけるパントリーの必要性について解説します。

疑問のイメージ

□そもそもパントリーとは

パントリーとは、食料品や飲料だけでなくあまり使わない調理器具などを置いておく収納スペースです。
小部屋のような形で、キッチンの近くに設けることが多いです。

 

□メリット

パントリーの1番のメリットは、収納力があることです。
パントリーがあると、普段料理に使用するものがすべて保管できます。
調理器具や調味料をキッチンに置かないため、スペースが広く使えるでしょう。
頻繁に使用するものだけでなく、普段使わないものも収納できます。
具体的な例として、来客用の食器やホットプレートが挙げられます。
使う時には、キッチンの近くからすぐに取り出せてとても便利です。
また、長持ちする食品をストックできるため、上手に買い物をすることで食費の節約にもつながるでしょう。
食品のストックは、地震や水害が発生した時に活躍します。
非常時に備えた備蓄用のスペースとして、パントリーが使えることもメリットだと言えるでしょう。

 

□デメリット

パントリーを設けることに伴うデメリットは、スペースが必要になることです。
キッチンの周りには、食器棚や冷蔵庫を設置するため想定よりスペースが必要な場合があります。
無計画にパントリーを設けると、キッチンが狭くなるかもしれません。
また、キッチンのスペースが限られることで、家事動線が悪くなる可能性も考えられます。
キッチン内での動きやすさは、家事の効率を左右するため注意しましょう。
また、キッチンの大きさを気にして、キッチンと離れた場所にパントリーを設けることも避けた方が良いでしょう。
使いにくい場所に設置することはストレスになるかもしれないため、暮らしやすい住宅を目指す場合は逆効果です。

 

□パントリーの必要性

パントリーは絶対に必要な設備ではありません。
しかし、キッチン周りのスペースに余裕がある場合は、パントリーを設けるととても便利でしょう。
キッチン以外の場所の間取りも考慮に入れながら、導入するか検討することをおすすめします。

 

□パントリーの施工事例

充実の収納と、家族みんなで共有できるファミリークローゼットのあるお家

各所にいかされた収納スペースのあるお家

 

まとめ

今回は、パントリーの必要性について開設しました。
パントリーを設けるメリットとデメリットがおわかりいただけたと思います。
この記事を参考に、実際の生活を想像してパントリーが必要かどうか考えてみてください。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン