池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
リビングの広さはどうしたらいい?注文住宅の間取りを考えるときのポイント!

住宅コラム

2019.11.15

リビングの広さはどうしたらいい?注文住宅の間取りを考えるときのポイント!

イメージ

「注文住宅を購入したいが、リビングはどのくらいの広さにしたらいいか分からない!」
「注文住宅のリビングの広さや間取りについて教えてほしい!」
リビングはどのくらいの広さにしたらいいか分からないですよね?
注文住宅の間取りを決める際には、気を付けるべきポイントがあります。
今回は注文住宅のリビングの広さについて詳しくご紹介いたします。

 

□注文住宅のリビングについて

注文住宅ですから、名前の通り、リビングにも細かい注文ができます。
リビングは、なるべく広くする方がいいと言われています。
なぜなら、リビングが狭くなることで、家全体が窮屈に見えてしまうからです。
また、開放的な空間にすることで、リラックス効果が期待できます。
注文住宅にする方の多くは、リビングを広くする方が多いです。
人によっては、リビングは特にこだわりたいという方もいると思います。
リビングは広いと、いろいろなポイントを取り入れやすいです。
せっかく注文住宅にするなら、広いリビングにしましょう。

 

□リビングの間取りを決めるときのポイント

*間取りの段階で、家具の配置を決める

間取りを決めるときの重要なポイントは、事前に家具の配置を決めておくことです。
家具の配置を決めることで、部屋の広さを把握できます。
間取りだけ決めてしまうと、完成後に部屋の狭さに後悔する可能性があります。
そのため、家具の配置を決めておくことで、部屋の広さをイメージしやすくなります。

*家族の生活も考える

住宅は自分だけでなく、家族も一緒に住む場所です。
特に、リビングは家族が最も使う場所の一つでしょう。
家族がどういう生活をしたいかによってもリビングの形は変化します。
それぞれの生活に合ったリビングにすることを心がけましょう。

*時間をかけてプランをたてる

時間をかけることは、注文住宅を購入する方にとって、一番重要なポイントです。
仕事や家事で忙しい方は、短時間でプランをたてる方も多いです。
しかしそういった方は、後悔する方が多いです。
注文住宅の計画は、時間をかければかけるほど、気づくポイントもたくさんあります。
だから、すぐに決めるのではなく、長期的な計画をおすすめします。

 

□まとめ

今回は、注文住宅のリビングの広さについてご紹介しました。
本文でも言いましたが、注文住宅にとって大切なポイントは時間です。
しっかりと時間をかけて、家族にとって理想の注文住宅にしてください。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。