伊勢市で注文住宅をお考えの方へ!家事を楽にする間取りの秘訣とは?

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
伊勢市で注文住宅をお考えの方へ!家事を楽にする間取りの秘訣とは?

住宅コラム

2020.08.08

伊勢市で注文住宅をお考えの方へ!家事を楽にする間取りの秘訣とは?

伊勢市で注文住宅をお考えの方はいませんか。
注文住宅を考える際には、特に間取りについて気になる方が多いと思います。
家事の間取りを工夫することで、快適な生活を送れるでしょう。
そこで今回は、家事を楽にする間取りの秘訣をご紹介します。

□家事を考えた間取りのポイントについて

*キッチン周りの動線を工夫する

広いキッチンを好まれる方が多いですが、広すぎると無駄な動きが増えるために、調理の作業時間が長くなるでしょう。
食材を冷蔵庫から取り出して調理台で調理し、食器に盛り付けを行うまでの動きをイメージしてください。

家電や設備を取り出しやすい位置に配置することで、無駄な時間をなくし、家事の負担を軽減できます。

また、玄関との距離を考慮することも大事です。
キッチンと玄関の距離が遠い場合は、買い物袋を持ち運ぶだけでも大変ですよね。
キッチンの近くに勝手口を設置し、車や自転車からの移動距離を短くすることで、日頃の買い物の負担を軽減できるでしょう。

*洗濯スペースを集約する

洗濯は、洗ってから干して、たたんで、収納するという、いくつかの過程に分かれますよね。
洗濯をしてから干すまでの動線だけでなく、片付けるまでの流れにも気を付けた方が良いでしょう。

例えば、洗濯機の近くに物干し場や収納スペースがあると効率よく作業できるでしょう。
洗濯に関わるスペースをひとつの場所に集めることが、洗濯の負担を軽減する間取りの秘訣です。
洗ってから収納するまでの動線を短くすることが大事です。

□家事動線の落とし穴について

家事動線を考慮することが家事の負担を軽減する秘訣であると紹介しましたが、家事動線を短くしすぎると、かえって家事の負担が重くなります。

例えば、キッチンと洗面所が近いと、家事がしやすくなると思われますが、実際にキッチンと洗面所で行う家事の連動性は高くないでしょう。

このように、家事動線を短くすることにフォーカスを当てた結果、収納力が落ちるという失敗例がよく見られます。
「動きやすいのは良いけど、収納するスペースを確保できないために、物が散らかってしまう」という状態は避けたいですよね。

間取り図を見るだけでは実際にどれくらい収納できるのか分からないですよね。
そのため、どのくらいのスペースを確保する必要があるのか確認した上で、内覧に行くと良いでしょう。

様々な観点から間取りを考えるようにしてください。

□まとめ

今回は、家事の負担を軽減する間取りの秘訣をご紹介しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン