伊勢市在住の方必見!住み心地の良い注文住宅を建てるには?

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
伊勢市在住の方必見!住み心地の良い注文住宅を建てるには?

住宅コラム

2020.10.23

伊勢市在住の方必見!住み心地の良い注文住宅を建てるには?

伊勢市在住の方で、注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
夢のマイホームをできるだけ快適で住み心地の良い住宅にしたい方は多いでしょう。
しかし、具体的にどのような点に配慮すれば良いのかわからないですよね。

そこで今回は、住み心地の良い注文住宅を建てるためのポイントについて解説します。

□住み心地の良い住宅の条件とは

一口に住み心地の良い住宅と言っても、様々な観点から考える必要があります。
以下に、住み心地の良い住宅の条件をいくつか紹介します。

*通年快適に過ごせる

住宅の基本的な住み心地の良さを決定する条件は、1年を通して快適に過ごせることです。
つまり、外の環境が住宅に影響しやすい夏や冬でも快適に暮らせる住宅を設計することです。

この条件を達成するためには、高気密、高断熱を意識した住宅を建てましょう。
気密性を高めると、外気が住宅内に侵入しにくくなり、また快適な室内の空気を外に漏らすことも防げるため、冷暖房効率が上がります。
加えて、断熱性を高めることで、より外気の影響を受けにくくなるでしょう。

*長く健康に暮らせる

身体への負担が少なく、健康的に過ごせる住宅であることも重要な条件の1つです。
家で暮らしているだけで身体にかかる負担の例を紹介しましょう。

例えば、冬に寝室からトイレに行こうとすると、急激な温度変化でヒートショックと呼ばれる現象が起こり、身体に負担がかかります。
冬によくある入浴中の死亡事故は、ヒートショックが原因の1つと言われています。
このような住宅内の温度差を軽減するために、上記でも紹介した気密性と断熱性を高めましょう。

また、バリアフリーにも意識して設計すると長く身体に負担のない住宅を実現できます。

□住み心地の良い住宅を設計するためのポイントとは

住み心地の良い住宅を設計するためには、生活動線を意識することは重要です。
なかでも、毎日の家事をしやすくする家事動線を重視して設計しましょう。

例えば、洗濯に関して、洗濯物を集めて洗濯機に入れる場所と洗濯物を干す場所の距離が近ければ、洗濯のしやすい間取りと言えます。
具体的には、洗濯物が集まる脱衣所に洗濯機を置き、その近くにベランダまたは庭を作りましょう。

また、採光や風通しの良さを考慮して窓の配置を考えることも重要です。
日当たりや風通しが良い部屋は、そこにいるだけで気分が良い上、余計な電気を使う必要もないため、光熱費も抑えられます。
特に、リビングを重視して採光と風通しを考えると良いでしょう。

日当たりの悪い部屋は、収納スペースとして活用することをおすすめします。

□まとめ

以上、住み心地の良い注文住宅を建てるためのポイントを解説しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン