伊勢市在住の方必見!注文住宅の見積もりのポイントをご紹介します!

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
伊勢市在住の方必見!注文住宅の見積もりのポイントをご紹介します!

住宅コラム

2020.05.19

伊勢市在住の方必見!注文住宅の見積もりのポイントをご紹介します!

皆さんは注文住宅の見積もりを決める際に、どんなことを注意しますか。
大きなお金が動くからこそ、慎重な判断が求められますよね。
無駄なお金を使わないためにも、見積もりの準備とその手順を理解しておくことは大切です。
今回は伊勢市にお住まいの方に注文住宅の見積もりをとる際のポイントをご紹介します。

ポイントイメージ

ポイントイメージ

 

□見積もりをとる前の事前準備

注文住宅を建てることが決まったら、見積もりをとる前に住宅の構想を固めていきましょう。

ここでいう住宅のイメージは間取りやデザインといったものだけでなく、将来的な家族構成の変化や暮らし方まで含みます。
実際に施工に必要な知識を調べ上げて、すべてを計画しようとする必要はありません。
自分たちの理想とする間取り、どうしたら住み心地の良い家になるのかといったことを考えるだけでも、家の構想はしやすくなります。

ある程度、家族内で意見が出尽くしたら、実現したいものに優先順位をつけるようにしましょう。
そうすることで限られた予算の中で、より理想の家に近づけられます。

□見積もりで確認すべきポイント

家の構想が決まれば、実際に業者に依頼して見積もりをとりましょう。
ここでも見積書の中で何を確認すれば良いのかを把握しておくことで、無駄のない資金計画を実現できます。
見積書の中で注目すべきは3点です。

*建設本体工事

この言葉から分かるように住宅そのものを作るためにかかる費用です。
具体的には住宅の基礎や壁、屋根をはじめとして、窓や内装、キッチンといった設備の工事費用を含みます。

基本的にこうした費用は坪単価で計算されるため、住宅の敷地面積が大きくなるほど支払う金額は増えるでしょう。
また、依頼した施工会社が下請け業者を抱えている場合は、下請け従業員の賃金もこの建設本体工事に含まれます。

*付帯工事

付帯工事費用は建設本体工事に付帯する工事の作業費になります。
具体例としては、ガス工事や地盤改良工事といったものです。

ここで注意する必要があるのが、地盤改良工事の金額です。
地盤改良工事の必要性や金額はお客様が購入された土地の状態に依存します。
そのため、地盤調査の結果、改良工事は必要ないとみなされることもありますし、見積書に金額が記載されていない場合も稀にあります。
お金を払うのはお客様自身ですから、きちんと確認するようにしましょう。

*経費

3つ目の注目すべき項目は経費です。
ハウスメーカーの人件費や設計費といったものがこれに該当します。
この経費は住宅会社の粗利にあたるといわれており、その水準の平均は工務店で15%から30%、大手ハウスメーカーで30%から40%です。

□まとめ

今回は注文住宅の見積もりをとるポイントをご紹介しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

また下記イベントも開催しておりますので、お気軽にご参加ください。

https://ike-da.co.jp/blogs/5-23土無料!ワークショップ -ハーバリウムアロマ/

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン