伊勢・松阪・津で新築一戸建住宅のことなら池田建設にお任せください。

0120-02-1936

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
家を建てる前に!知っておきたい水害対策

住宅コラム

2018.10.09

家を建てる前に!知っておきたい水害対策

秋に入ってからも立て続けにやってくる台風、豪雨に竜巻…。
山と海に面した三重県では、土砂災害や河川の氾濫、高潮の危険が迫ってくるエリアが多数あり、「本当に心配続きで…」という日々を過ごされている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

これまでは地震に強い家づくりへの関心が高い一方で
水害対策に関しては案外、見落とされがちでした。
もしも
住まいが浸水に見舞われた際、
床下浸水は火災保険の適用外になるケースがほとんど。
異常気象の影響からか水害が各地で頻繁に起こりうる昨今、
家づくりの段階から浸水などの被害を防ぐことが
とても重要になってきます。

では、
「家を建てる前にどんな水害対策ができるの?」
その方法をいくつかご紹介します(^o^)

◎盛り土を行い、敷地全体を高くする
土地を造成してかさ上げすることで、周辺よりも家を高くし、床上・床下浸水の危険から守ります。

◎建物の基礎構造を高くする
建物の基礎を高くする「高床構造」にすることで、浸水を防ぎます。

◎1階部分をガレージなどにする
1階部分は柱だけのピロティ構造として、居住スペースは2階部分にする方法もあります。

上記のように
周辺よりも家自体を高くするという方法のほかに
防水性のある塀や外壁などを活用して、周りからの浸水を防ぐ方法も考えられます。

もし土地探しからはじめられるなら、
(もちろん土地が決まっている場合でも!)
各自治体のハザードマップを事前にチェックし、災害リスクを把握しておくことが肝心です。

 

池田建設では家づくりだけでなく、
土地探しや宅地造成もトータルでおまかせいただけます。
「三重の土地をもっと知りたい」
「建物だけでなく災害に強くする方法は?」など
どんなことでもお気軽にまずはご相談ください♪

お客様サービスセンター

0120-02-1936

営業時間 8:00~17:00/定休日 第二、第四土曜・日曜

LINE@

土地情報

資料請求

電話をかける