松阪市で注文住宅をご検討の方必見!4人家族で住む家の間取りについて解説します!

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
松阪市で注文住宅をご検討の方必見!4人家族で住む家の間取りについて解説します!

住宅コラム

2020.02.15

松阪市で注文住宅をご検討の方必見!4人家族で住む家の間取りについて解説します!

快適に暮らすためには、住宅の間取りが非常に大切です。
しかし、間取りを決める際にどういうことに気をつけるべきか、わからない方が多いのではないでしょうか。
今回は、4人家族で住む際の間取りについて解説します。
注文住宅で4人家族の家の建築をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

□4人家族に必要な間取りの大きさ

家にどのくらいの広さが必要になるかがわかれば、家を建てるのに必要な金額が把握しやすくなります。
4人家族の住宅の場合、最低限でも約24坪の広さが必要です。
ただ、一般的に4人家族の住まいを考えられる場合は、30坪の住宅を目安にすると良いでしょう。
家族が1人増えた場合、追加で約4坪必要です。
将来家族が増える予定がある場合は、余裕を持って家の広さを決めると良いでしょう。
4人家族で戸建てを検討する場合は、4LDKの間取りが一番おすすめです。
子供は大きくなると1人部屋を欲しがる傾向があるので、部屋数は4人分確保しておけば安心です。

□4人家族の間取りを考える際の注意点

間取りを考える際の注意点を3つ取り上げます。
1つ目は、「無断のない間取りを考えること」です。
実際に生活するイメージを持たずに間取りを決めてしまうと、結局デッドスペースになってしまう可能性が高くなります。
間取りを決める際には、住宅展示会に実際に行ってみて、リアルな住宅を参考にしてみると良いです。
また、住み始めてからのシミュレーションをしながら、間取りを決めることをおすすめします。
信頼できるプロの業者に相談することも大切です。
2つ目は、「将来を見据えて間取りを考えること」です。
間取りを決める際は、子供が自立して家から出た後のことも含めて考えることが大切です。
小さな部屋を作ってしまうと、子供が巣立った後に使い道に困る可能性が高くなります。
そのため、子供が小さいときは広い部屋をカーテンやパーテーションで区切って使い、小さな部屋を作りすぎないことがおすすめです。
将来家族が増える可能性があるならば、大きめの子供部屋を用意しておき、将来仕切れるようにするのも良いでしょう。

□まとめ

今回は、4人家族で住む際の間取りに必要な広さと、間取りを決める際の注意点について解説しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン