松阪市で注文住宅を建てる方へ!屋根の種類について解説します!

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
松阪市で注文住宅を建てる方へ!屋根の種類について解説します!

住宅コラム

2020.11.08

松阪市で注文住宅を建てる方へ!屋根の種類について解説します!

松阪市で注文住宅の購入を検討されている方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は家のあらゆるところを自由に設計できる点が魅力です。
しかし、どれが最も自分に合うのかわからない方は多いですよね。
なかでも、屋根は専門性が高く、デザイン以外にも検討すべき要素があります。

今回は、屋根の種類について解説します。

□屋根の種類を紹介

まずは、一般的な住宅に使われる代表的な屋根の種類を紹介しましょう。

切妻屋根は、最も一般的な屋根です。
理由として、和洋どちらのテイストの住宅でも合うデザインだからです。
雨水の侵入を防ぎやすく、シンプルな設計であるためトラブルも少ないです。
加えて、メンテナンス費用が安く、比較的ローコストな屋根である点も魅力の1つですね。

寄棟屋根も和洋どちらのテイストに合うため、多くの住宅で採用されています。
切妻は2面であるのに対し、寄棟は4面で構成されています。
そのため、耐久性に優れており、特に台風に強い屋根です。
切妻より費用はかかりますが、デザイン性が高く人気ですね。

片流れ屋根は、1面しかなく一方向に向かって傾斜している形状の屋根です。
見た目は、シンプルながらモダンなテイストであるため、近年人気が高まっています。
また、太陽光パネルの設置に適しており、日光が当たりやすい方向に斜面を作れば、より効率的に太陽光発電が行えます。
加えて、設置費用の安さやメンテナンスのしやすさも魅力の1つですね。

□屋根を選ぶ際のポイントとは

上記のように、屋根ごとにデザインやコストなどの特徴が異なります。
それでは、どのような点に注目して屋根を選べば良いのでしょうか。

*防水性

防水性は、住宅での生活のしやすさに大きく関わる要素です。
住宅が雨漏りしてしまうと屋根以外の住宅の構造にも影響が及ぼされることがあります。
そのため、防水性の高い屋根を選ぶようにしましょう。
また、屋根の防水機能は劣化することが多く、定期的なメンテナンスが大切です。

*耐久性

屋根は、毎日の雨だけでなく、台風による風雨、夏の強い日差しなどからも住宅を守ります。
長期的に住宅を守り続けるには、耐久性を重視しましょう。
そのためには、屋根の形状だけでなく、屋根材の特徴も把握しておくことをおすすめします。

□まとめ

ここまで、注文住宅における屋根の種類について解説しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン