松阪市で注文住宅を考えている方必見!素材を活かした家のポイントを解説します!

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
松阪市で注文住宅を考えている方必見!素材を活かした家のポイントを解説します!

住宅コラム

2020.06.04

松阪市で注文住宅を考えている方必見!素材を活かした家のポイントを解説します!

注文住宅の雰囲気、性能の良し悪しを左右するものの1つが素材です。
内装や外装にはお客様の要望に合わせて多様な素材を利用できますが、最適なものを見つけるのには一苦労するものです。
そこで今回は松阪市にお住まいの方に注文住宅を建てる際に使われる素材について詳しく解説します。

 

□自然素材とは

住宅に使われる素材として人気を集めているのが自然素材です。
代表的なものとしては珪藻土や無垢材といったものが挙げられます。
皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

はじめに、自然素材を使った家についてご紹介しておくと、一般的な自然素材の住宅は必ずしも家全体で自然素材を採用しているわけではありません。
化学物質が含まれる建材の使用を可能な限り避けた家のことを指します。
自然素材を使った家の出来上がりは素材によって様々で、ご自身の理想のイメージに合うものを選択することがカギとなります。

例えば漆喰を使用して塗装された壁では、こてを使って美しく塗り上げられているが特徴的です。
一様なデザインの壁紙とは違い、職人が作った形を見てとれる文様は芸術的で癒しを与えてくれるでしょう。

見た目の美しさだけでないのも漆喰の特徴です。
調湿機能を備えている漆喰は季節によって気温や湿度の変化の大きい日本の住宅にはもってこいです。

□素材に関する注意点とは

独特な風合いやにおいによって私たちを和ましてくれる自然素材ですが、注意すべき点もあります。

自然由来の素材は時間の経過とともに反りや割れという問題が生じやすい傾向にあります。
こうした問題は自然素材を使用しない場合でも起こりますが、手入れのしやすさや耐久性という点は施工に取り掛かる前にチェックして納得のいくものを選びましょう。
メンテナンスでは自分で対処できるか、あるいは住宅の施工を依頼した工務店やハウスメーカーに依頼できるかを基準に確かめておくことが重要です。

理想を追求するあまり、希少な資材を住宅に使用してしまうとメンテナンス費用が高額になってしまったり、特殊な業者にしか依頼できなかったりという問題が起こりがちです。
住み始めた後のことも考えて、素材を選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は注文住宅に使われる素材についてご紹介しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら、松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

またオンライン相談会も開催しておりますので、お気軽にご参加ください。

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン