注文住宅にウッドデッキを作りませんか?松阪市にお住まいの方に向けて紹介!

池田建設のブログ

ブログ

HOMEブログ
注文住宅にウッドデッキを作りませんか?松阪市にお住まいの方に向けて紹介!

住宅コラム

2020.10.05

注文住宅にウッドデッキを作りませんか?松阪市にお住まいの方に向けて紹介!

「注文住宅でマイホームを建てる際は、ぜひウッドデッキを設けたい」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ウッドデッキはおしゃれで憧れますよね。
今回は、当社が松阪市で注文住宅を検討中の方にウッドデッキを設けるメリットとデメリットに加えておすすめの材質をご紹介します。

 

 

□ウッドデッキを設けるメリットとデメリットとは

ウッドデッキは確かにおしゃれで憧れるかと思いますが、一方で、木材が腐りやすそうという意見があるのも事実です。
それでは、ウッドデッキを設けるメリットとデメリットについて確認しましょう。

*ウッドデッキを設けるメリット

ウッドデッキを設けるメリットとして、代表的なものを4つご紹介します。

1つ目は、広く感じられる点です。
気軽に裸足でリビングから外に出られるため、リビングとの一体感が感じられるでしょう。
ウッドデッキはリビングと同じ高さで外に出られます。
そのため、リビングから奥行きが生まれ、広く感じられるでしょう。

2つ目は、洗濯物を干せる点です。
2階に作られるバルコニーよりも、出入りがしやすく、突然の雨にも対応できるため洗濯物を干すには大変便利でしょう。

3つ目は、子供が遊べる点です。
家の中で遊び飽きたお子さまが、親御さんの目が届く範囲で外遊びができます。
裸足で遊んでも足が汚れないため、気楽に遊ばせられるでしょう

4つ目は、外観がおしゃれになる点です。
やはり、ウッドデッキは家をおしゃれにするのが大きなメリットでしょう。
また、椅子やソファーを置くのもおすすめです。

*ウッドデッキを設けるデメリット

ウッドデッキを設けた場合のデメリットとして一番大きいのは、メンテナンス費用がかかる点でしょう。
実際、ウッドデッキは材質によっては腐りやすく、雑草が生えたり、害虫が発生したりする可能性もあります。

そのため、メンテナンスには十分にお金をかける必要があります。
メンテナンスを怠ると外観が悪くなるだけでなく、衛生的にも良くないため注意しましょう。

□ウッドデッキに用いる材質とは

ウッドデッキにおすすめの材質を2つご紹介します。

まず、天然木を使用する場合、ハードウッドがおすすめです。
ハードウッドは腐りにくく、塗装しなくても15年程度持つといわれるほど耐久性が高いです。
ただし値段が高く、重く硬いためご注意ください。

2つ目は、人工木デッキ材です。
人工木は腐りにくく、色あせしにくいのが特徴です。
しかし、熱による収縮があったり、直射日光が当たった場合、熱を持ったりするため、お子さまが裸足で遊ぶ際には十分な注意が必要でしょう。
適した材質はこだわりや好みによって変化するため、よく検討してから決定しましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅のウッドデッキについてご紹介しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。


お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

Lineへのリンクボタン

Lineへのリンクボタン