あたたかな家づくり~木造戸建住宅の断熱工法って?~

2018.12.05

前回は薪ストーブのある暮らしについてお話しましたが、今回は「あたたかな家づくり」についてご紹介しようと思います(*^_^*)

 

あたたかな家づくりに
肝心なキーワードとなるのが
「断熱性」ですよね。
断熱性が高ければ、冬はあたたかく
夏は涼しく一年中快適に過ごせます。

木造住宅の断熱方法は
大きく分けて2つあります。
1つは家の内側にする「充填断熱」。
そしてもう1つは外側にする「外張断熱」です。

その特徴はというと…
↓↓↓

「充填断熱」とは
壁や天井の中など、室内側に断熱材を張り付ける工法。
おもにグラスウールなどの繊維系断熱材を使用し、
外張断熱と比べてコストが安いことなどがメリットです。

 

「外張断熱」とは
家を外からすっぽりと包む工法。
躯体に構造用合板を施工した後、
パネルのつなぎ目を覆い、接合部までしっかりとカバーします。
結露が発生しにくいのも特徴。
コストは充填断熱と比べて割高になります。

じゃあ、
「コストの高い外張断熱のほうが
充填断熱より断熱性に優れているということ?」
というと…

充填断熱は木材と取り合う部分が多いため、
その分すき間ができやすく、施工に注意が必要となります。
ですが
気密性を保つ技術があれば、
外張断熱に劣らない
断熱性を確保できるのです☆(*^_^*)☆

池田建設の家づくりでは
「充填断熱」を標準装備としながら
お客様のご希望にあわせて
「外張断熱」「ウレタン吹きつけによる充填断熱」といった
オプションメニューもご用意しています。


長く安心して住み続けていただきたい。
だからこそ
池田建設では見えないところも大切に
長年積み上げてきたノウハウと
確かな技術で
一つ一つ丁寧に仕上げていきます☆

断熱性を高める方法は
ほかにもいろいろとあります。
詳しくはお気軽におたずねください☆

無料

資料請求&ご相談

ローンの返済、子供の教育、老後の生活等漠然とした将来のイメージを具体的に考えます

無料で間取り作成

ライフプランのご提案

資料請求・お問合わせ