ママ目線で考える!タタミ敷きのある暮らし

2019.08.19

子どもたちの様子が見守れる畳コーナー

今年のお盆休み、みなさんはどのように過ごされましたか。
久しぶりの実家に帰省して「やっぱりタタミって、いいな」と実感された人もいらっしゃるのではないでしょうか。

家づくりを考えた場合・・・

「タタミの気持ちよさは好きだけど、
おしゃれな暮らし空間に合うかな」

「スペース的に和室をつくる余裕がないかも・・」

ちょっと悩みどころでもありますよね。

 

そんな方にもおすすめなのが

子育てママの間でも支持を集める
「リビング続きのタタミコーナー」☆

リビングダイニング空間にタタミコーナーがあると、
家事の合間などちょっとひと息つきたいときにも、ベンチのように腰掛けられるので、和室とは違った使い方ができますよね。

 

子どもたちの様子が見守れる畳コーナー

赤ちゃんのおむつ替えやお昼寝スペースとしても使いやすく、子どもの遊び場として利用できます。
ママがキッチンに立ちながら料理している間、子どもたちの様子が見守れるのも人気のヒミツです。

 

収納スペースが確保できる畳コーナー

また、小上がりにしておくと、
空間を有効活用しながら収納スペースが確保できるという点も高ポイント!

 

荷物をまとめておくのに便利な畳コーナー

子どもがまだ小さく、1階で過ごすことが多いというお家では、
オムツや幼稚園・保育園に必要な衣類・グッズなども、1階にまとめておくと時短にもつながります。

 

インテリアコーディネートも考慮した畳コーナー

タタミ、そして建具のデザインやタイプも最近は豊富なので、
LDKとのインテリアコーディネートも楽しめます。

 

独立した和室の畳コーナー

もちろん、
ゲストをおもてなしする客間として、
または将来的に3世代同居を考えているという人に、従来の独立した和室も根強い人気です。

 

独立した和室をママ目線で考えると・・・

こちらのお宅のように、
お子様が小学校にあがったときに、そのまま友達と遊べる空間として使えるよう、
玄関からすぐに入れるように和室をレイアウトするというのも◎。

ドアを開けておけば、キッチンから和室の様子も見える仕様なのでママも安心です♪

↓↓↓

玄関からすぐに入れる和室

 

ブラウンカラーのタタミだと、雰囲気もがらりと変わりますね。

↓↓↓

ブラウンカラーの畳

 

建具やクロス、間接照明を組み合わせて、
和モダンなインテリアにアレンジするのも素敵。
アールのある板張り天井が柔らかな表情を空間にプラスしています。

↓↓↓

和モダンなインテリアにアレンジされた畳コーナー

 

いかがでしたか?

池田建設では、
お客様それぞれのライフスタイルや使い勝手に合わせて、多彩な間取りや空間をご提案します。

只今、建築デザイナーとのコラボ企画で、限定3棟までデザイン費無料キャンペーンを実施中です!

締め切り間近!!この機会をどうぞお見逃しなく☆
↓↓↓
https://ike-da.co.jp/lp_ftp/campaign/kenchikuka/

無料

資料請求&ご相談

ローンの返済、子供の教育、老後の生活等漠然とした将来のイメージを具体的に考えます

無料で間取り作成

ライフプランのご提案

資料請求・お問合わせ