伊勢市でフルオーダーの注文住宅を建てる際に節約するコツとは?

2020.04.12

資金計画のイメージ

「フルオーダーで注文住宅を注文すると費用が高くなりそう」
この悩みを解決します。
フルオーダーの注文住宅はかなり費用がかかってしまいますが、少しの知識で節約につなげられます。
一度どのような方法があるのか、本記事で参考にしてください。

 

資金計画のイメージ

資金計画のイメージ

 

□注文住宅にかかる費用の種類

まず土地費用について解説します。
土地費用はどこで土地を買うかで大きく値段が変わるので注意しましょう。
例えば都心部は土地の費用がかかるため、大きく予算を超えるかもしれません。
一度確認してみましょう。

次は建築費用です。
建築費用は、住宅本体の費用と設備費の2つがあります。
住宅本体の費用は、基礎工事や木工事、設備工事にかかるものです。
例えば、基礎工事は家の土台を作る工事です。
木工事では、気を使って、家の骨組みを作ります。

また、設備費は注文住宅により快適に住めるための費用でしょう。
例えば、エアコンや照明、駐車場が当てはまります。

これらに加えて諸費用もかかります。
特に手数料が多いでしょう。
例えば、土地や不動産の所有権を得るための、登記手数料は必須です。
予算の中にあらかじめ組み込んでおいてください。

ここまで3つの注文住宅の費用を説明しました。
それぞれの費用がいくらかかるか計算してみましょう。
節約するためにはどれぐらいの費用がかかるか現状を知る必要があります。

 

□節約のコツ

次に建築費用を節約する方法を紹介します。

まずフルオーダー住宅の見た目をシンプルにすることが大切です。
なぜなら複雑な形を作りたい場合は、基本的に作ることが難しい上に時間がかかるからです。
もちろんフルオーダーで家を建てるときは家に関する希望をたくさん取り入れたい気持ちもあるでしょう。
しかしシンプルな形は費用を節約する上で大切なポイントです。

次は間仕切り・建具の数を減らしましょう。
間仕切りは部屋数を多くするために使われます。
しかし、間仕切りや建具の数が多いと、それだけ材料費がかかるでしょう。
また、ドアや窓を追加するとさらに負担がかかります。
間仕切りの位置を工夫したり、ドアや窓を減らしたりして、節約しましょう。

 

□まとめ

今回は、フルオーダーの注文住宅の費用の節約方法を紹介しました。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

また下記イベントも開催しておりますので、お気軽にご参加ください。

https://ike-da.co.jp/blogs/4月18日土・19日日-完成現場見学会-開催!/

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

無料

資料請求&ご相談

ローンの返済、子供の教育、老後の生活等漠然とした将来のイメージを具体的に考えます

無料で間取り作成

ライフプランのご提案

資料請求・お問合わせ