伊勢市で注文住宅を建てる際に後悔しないための対策法を紹介

2019.12.15

「注文住宅の建設を失敗しないために、対策方法が知りたい。」
「どのような後悔があるのかを事前に知って参考にしたい。」
このように、お考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
住宅を建てることは、人生の中でも大きな出来事でしょう。
そのため、絶対に失敗したくないですよね。
そこで今回は、実際にあった後悔の例と対策法をご紹介します。

□設備に関わる後悔

*必要ない設備を導入した

注文住宅を作る際に導入した設備における後悔はたくさんあります。
その中でも最も多い後悔は、実は必要なかった設備を導入してしまうことです。
玄関では、親子扉と呼ばれる左右両側が開く扉が上手く活用できない方が多いです。
片開きのドアを設置する際に比べて、費用は数万円高くなります。
玄関から大きな荷物を運び入れたい場合は活躍しますが、使わないままの場合も多いでしょう。
また、収納の面では床下収納は上手く活用できない傾向があります。

*対策法

実は使わない設備を導入しないためには、どのような生活をするかを具体的に想像する必要があります。
憧れだけで、どの設備を導入するかを決めることは避けた方がいいでしょう。
不要な設備にかける費用を抑えることで、その他の部分にお金を使いましょう。

 

□間取りに関わる後悔

*空調が効きにくい住宅になった

住宅に解放感があることはとても重要です。
そのため、吹き抜けを設ける方もいらっしゃるでしょう。
しかし、吹き抜けがある住宅は暖房の効きが悪くなる傾向があります。
なぜなら、暖かい空気は高い場所に移動してしまうからです。
リビング階段も、2階への空気の通り道ができるため、同様のデメリットがあることを知っておきましょう。

*対策法

高断熱高気密の住宅にすることで、暖房の効きは改善できるかもしれません。
また、床暖房を導入するなど暖房設備を強化することで、冬場の寒さも気にならなくなるでしょう。
デメリットは、他の面を補うことで解決できる場合が多いです。
そのため、こだわりの設備を導入する場合はその他の面も考慮しましょう。

 

まとめ

今回は、実際にあった後悔の例と対策法をご紹介しました。
この記事を参考に、住宅の間取りなどを考えてみてください。
何もない状態から自由に設計することで、自分好みの住宅を建てましょう。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

 

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

無料

資料請求&ご相談

ローンの返済、子供の教育、老後の生活等漠然とした将来のイメージを具体的に考えます

無料で間取り作成

ライフプランのご提案

資料請求・お問合わせ