注文住宅でよくある収納での失敗とは?伊勢市の業者が解説します!

2020.01.27

疑問のイメージ

「注文住宅の収納で失敗しないか不安だな。」
このように、注文住宅の収納についてお悩みの方はいませんか。

注文住宅の収納で失敗しないか不安で、
困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、
注文住宅の収納でよくある失敗と対策について解説します。

疑問のイメージ

□注文住宅でよくある収納の失敗

収納したいものが入らない

注文住宅でよくある収納の失敗は、
収納したいものが入らないという失敗です。
注文住宅を建てる場合は、
ある程度収納のことは考えて設計するはずです。

しかし、それでも収納が足りないと感じるのには、
理由があります。
建物全体で収納スペースが何割というだけで、
実際に使える収納になっていないことがあるからです。

部屋ごとに収納したいものは違い、どれだけ幅があっても、
奥行きがないと入らないこともあるでしょう。
高い収納が奥まで活用できないということや、
扉の位置が悪くて使えないということが、
住み始めてから見つかることもあります。

 

□収納面での失敗を防ぐための対策

収納する荷物を把握して余裕を持ったスペースや動線を確保する

収納面での失敗を防ぐためには、
収納スペースの広さはどれくらい必要かを考えましょう。
そのために、どのくらいの荷物を収納するのかを把握しましょう。

現在住んでいる家にある荷物の量と、
収納スペースの容量のバランスが取れているかを確認しましょう。
引越しをする際に多少処分しても、
一般的には長く住むと荷物の量は増えます。

そのため、荷物の量と収納スペースを把握できたら、
余裕を持ったスペースを想定しましょう。
また、生活動線を踏まえたスペースを確保することも、
失敗を防ぐための対策です。

単に、収納スペースだけを設ければ良いというわけではありません。
家事や生活の動線を考慮した上で、
収納場所を確保すると使いやすくなります。

例えば、玄関に来客用の動線と家族用の動線を分けて、
クローゼットを設けると、荷物や靴をしまいやすくなります。
さらに、玄関の出入りが重なっても混雑しません。

また、その動線を使用する人に合わせて収納スペースを使用できるので、
必要な時に必要なものを取り出せるでしょう。
生活スタイルや趣味などに合わせた収納スペースを作ることで、
使い勝手が良くなるだけでなく、時間を有効的に使うことにもつながるでしょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅の収納でよくある失敗と対策について解説しました。
この記事を参考に、注文住宅を建ててみてください。

住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら
松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

無料

資料請求&ご相談

ローンの返済、子供の教育、老後の生活等漠然とした将来のイメージを具体的に考えます

無料で間取り作成

ライフプランのご提案

資料請求・お問合わせ