注文住宅の外観でよくある失敗とは?伊勢市の業者が解説します!

2020.01.19

アイディアのイメージ

「注文住宅の外観で失敗しないか心配だな。」

このように、注文住宅の外観について
お悩みの方はいませんか。

注文住宅の外観で失敗しないか不安で、
困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事では、注文住宅の外観で
よくある失敗と対策について解説します。

アイディアのイメージ

□注文住宅の外観でよくある失敗

イメージしていた色と違った

よくある失敗は、家が完成してみたら
イメージしていた色と違ったという失敗です。
サンプルを見て決めたのに、
実際の家の大きさになると、
サンプルとは色味が違うことがあります。
また、周囲の家とのバランスを見て
失敗だと感じる方も多いでしょう。

目立ちすぎて浮くことや、個性がなく周りの
住宅と似すぎてしまったということがあります。
見た目は好みの外壁になったものの、
メンテナンスの手間や費用が大変だと後から
気付き、失敗だと感じることもあります。

 

注文住宅の外観で失敗を防ぐための対策

画像を使ってイメージを的確に伝える

注文住宅の外観で失敗を防ぐためには、
注文住宅の業者にデザインを具体的に伝えましょう。
希望のデザインを伝えても、ニュアンスや
言葉だけでイメージを伝えるのは難しいでしょう。

上記でも述べたように、サンプルと実際の家の
大きさでは、色味が違うこともあります。
希望の外観デザインを的確に伝えるためには、
写真や雑誌の切り抜きなどの画像で
提示することをおすすめします。

近隣の家や町並みを見回ってから色を選ぶ

言葉による説明とビジュアルイメージを
添えることで、自分が求める外観デザインを
スムーズに伝えられるでしょう。
また、周りの住宅や街全体で見ても、
違和感がないようにするために、
近隣の家や町並みを見回ってから
色選びをしましょう。

向こう3軒隣や道路向かい側3、4軒の
写真を撮影し、周りの住宅の色との
バランスを考えましょう。

さらに少し離れたところから、
屋根の色味がどのような感じかも
チェックしてみましょう。

そして、立地条件にも配慮しなければなりません。
例えば、大通りに面している家なら、
汚れが目立ちにくい濃い色にするのが無難です。
また、緑の多い場所の場合は、
グリーンと調和する色の外壁が似合うでしょう。
 

□まとめ

今回は、注文住宅の外観で
よくある失敗と対策について解説しました。

この記事を参考に、注文住宅を建ててみてください。
住宅のことに関して悩み事や相談事がございましたら
松阪市・伊勢市で長年注文住宅に携わっている
池田建設までお気軽にご相談ください。
フルオーダーの住宅をお客様の予算にあった内容でご提案させていただきます。

お問い合わせはこちらまで
フリーダイヤル 0120-02-1936

➡当社施工事例はこちら

LINE友達追加で最新イベント情報や
トーク機能でお気軽にご相談頂けます。


ID:@oh.one-house

無料

資料請求&ご相談

ローンの返済、子供の教育、老後の生活等漠然とした将来のイメージを具体的に考えます

無料で間取り作成

ライフプランのご提案

資料請求・お問合わせ